恐れるなかれ

田舎へ移住した野球好きな男の体験記や好きなものを紹介する雑記ブログ

アリゾナ・ダイヤモンドバックス MLB2020戦力分析 ~ナ・リーグ/西地区~

ビッグネームはいないが穴のないチーム力で巨大戦力のドジャースに立ち向かう。接戦を拾い、狙うはワイルドカードでのPS進出。

昨季は主砲のゴールドシュミット、ポロック、コービンをFAで欠き、夏場には絶対的エースのグレインキーを放出。再建モードに入ったシーズンだったが、戦前の予想を裏切り地区2位と大奮闘。同地区にはドジャースという絶対的存在がいるため優勝は難しいがワイルドカードでのポストシーズンは十分狙える陣容だ。

f:id:sportsmeikan:20200612163928j:plain

打撃陣

チームとしての特徴は、打撃・走塁・守備・投手のチームデータがリーグの中位~上位と安定しており大きな穴がない。打線は核弾頭タイプのS・マルテをパイレーツから獲得。K・マーテイの『二人のマルテ』が1・2番に入る。K・マルテは昨季リーグ2位の打率と32本塁打と覚醒。今季も期待大。
またエデュアルド・エスコバー(昨季35本塁打)、クリスチャン・ウォーカー(昨季29本塁打)、コール・カルフーン(昨季33本塁打/エンジェルスより移籍)と長打を打てる選手も揃っており、今季もビッグネームはいないが大きな弱点がない。

 

投手陣

ジャインアンツから通算119勝左腕マディソン・バンガーナーが加入。昨季は防御率3.90と自己最低の数字に終わったが通算防御率は3.13と高い。また怪我に強く長いイニングを投げれるところも持ち味でバンガーナー加入のメリットは非常に大きい。
昨季12勝のロビー・レイに昨季GG賞のマイク・リークと続き、昨夏に加入し安定感抜群の投球を見せたザック・ギャレンなど駒は揃っている。
気になるのはブルペン陣でヘクター・ロンドンやジュニア・ゲラを迎え入れたが少し弱い。いかに抑えのアーチー・ブラッドリーに繋げるか。

移籍組と若手が融合し総合力で接戦を拾っていけば、ワイルドカード進出も十分狙える戦力。組織力で巨大戦力へ立ち向かえ!