恐れるなかれ

都会から田舎へ移住した男の体験記や好きなものを紹介する雑記ブログ

【宮崎の絶対買うべきお土産6選】ランキング地元民オススメ!(お菓子から焼酎まで)

f:id:sportsmeikan:20200718171351j:plain

宮崎県のお土産といえば、"地鶏の炭火焼"や"芋焼酎"が有名ですよね。筆者が宮崎県に実際に9年間住んでいた時の経験や地元の方の情報を元に本当に喜ばれるお土産や押さえておきたいお土産6選をご紹介致します。2020年最新版です!

 

 

お菓子

なんじゃこら大福/お菓子の日高

ずいぶん不思議なネーミングの大福ですが宮崎県ではとても人気のあるお菓子です。その名の通りなんじゃこらというボリュームが特徴で、中身はあんこ、苺、甘露煮の栗、クリームチーズがぎっしり入っており、夢のような大福なんです。大福なのでガブッといきたいところですが、半分に切って中身を見て、栗の部分から食べるのか、苺とクリームチーズを一緒に食べるのか…などなど断面も楽しめます。

https://image.raku-uru.jp/01/6617/198/daifuku20_1580515959613.jpg

 

ちーずまんじゅう/県内各社

チーズ饅頭は宮崎県民にとってお土産用というより家庭で食べるおやつ的な存在だったのが、秘密のケンミンショーで放送されて以降、宮崎を代表するお土産になっていきました。チーズ饅頭は一般的にはクッキー生地の中にクリームチーズが入っており、ほどよい甘い生地に酸味のあるクリームチーズが美味しさを引き立てています。県内では200件以上のお店で製造販売されており、お店によってサクサク生地やしっとり生地など多種多様です。是非お気に入りのチーズ饅頭を見つけてみて下さい。

 

 

食品

辛麺/桝元

宮崎県延岡市で誕生した"辛麺"は宮崎県のご当地ラーメン。今では県内外に専門店もあり宮崎を代表するグルメメニューの一つです。そば粉を使用した通称こんにゃく麺はもちもちと弾力ある食感が特徴で、にんにく、唐辛子と鶏ガラをベースとしたスープに、ニラ、ひき肉とたまごを合わせた具に麺が絡み合って癖になる味わいです。
唐辛子は別袋で入っていますので、辛いのが苦手な方でも安心です。暑い夏にあえての激辛辛麺はいかがですか?

 

鶏のささみくんせい/雲海物産

お酒のお供をお探しの方はこちらをオススメします。宮崎とお酒のお供といえば王道の"地鶏の炭火焼"ですが、この鶏のささみくんせいもまったく負けていません。宮崎県産の若鶏のささみと塩を使い、外はこんがり香ばしく中はささみ本来の繊維質はありながらもしっとりとした無添加の極上燻製です。そのまま食べても美味しいのですが、割いてサラダに混ぜたりなどアレンジしても美味しく召し上がれます。私はこれさえあれば毎日の晩酌は事足りてます。高たんぱく低脂肪なのでダイエット中やトレーニング中の方にもオススメしやすい商品です。

 

マキシマム(魔法のスパイス)/中村食肉

TVや雑誌で度々取り上げられ、売り切れたお店も続出したお肉屋さんが作った万能調味料のマキシマムも宮崎県生まれ。宮崎県の家庭では当たり前のように常備されている定番の調味料です。いつものお肉に一振りするだけで優勝できます!野菜炒めにも、スープにも、ドレッシングにも、ポテトフライにも!どんな料理にも合う万能調味料です。是非お試ししてみて下さい。

 

霧島《宮崎限定》/霧島酒造

焼酎ブームの火付け役である"霧島"には、”黒霧島””赤霧島””白霧島””茜霧島”など数多くの種類があるのはご存知の通りかと思いますが、オススメしたいのは”霧島《宮崎限定》”です。宮崎県都城市に本社のある霧島酒造が2016年に創業100周年を記念し作られた芋焼酎で、通称"本霧島"と呼ばれ地元民にとても愛飲されています。『ずしっとほんかく―』というキャッチコピーがついている通り、芋の本格的な香りと深い味わいでずしっとした飲み応えです。現在はネットなどで購入は可能ですが、名前の通り宮崎県限定の商品なのでレア感もありますので、お土産に非常に喜ばれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お土産を通じて宮崎の雰囲気を感じて頂けたらとても嬉しいです。最後までご覧頂きましてありがとうございました。