恐れるなかれ

役に立たないかもしれないが、真面目に独自目線で記載していきます。主に宮崎県のイベント・観光情報や筆者の好きなスポーツ全般についての雑記ブログです。

東福岡高校サッカー部 歴代主将キャプテン まとめ(1975年~現在まで)

伝統ある東福岡高校サッカー部の歴代主将キャプテンを一気に振り返り

東福岡高校サッカー部はスピード溢れるサイド攻撃と深紅のユニフォームから”赤い彗星”と呼ばれ、1970年の創部以来、全国主要大会での成績は計9回(サニックス杯国際ユース1回・インターハイ3回・選手権3回・全日本ユース1回・FBS杯1回)を誇る、高校サッカー界を牽引する超強豪校です。 近年では300名前後の部員数が在籍しているため、レギュラーになれるのもほんの一握り。その中でも歴代のキャプテンを筆者が分かる範囲でまとめてみました。

f:id:sportsmeikan:20210317234511j:plain

61期キャプテン福田湧矢(現ガンバ大阪) 写真はFOOTBALL_ZONEwebより

 

 

1975年生 37期 栄井健太郎

現東福岡高校サッカー部OB会会長。

 

 

1976年生 38期 園田励

久留米市のFCワールドサッカースクール監督。

 

 

1977年生 39期 西政治

f:id:sportsmeikan:20210318230028p:plain

写真:京都先端科学大学HPより

選手権では静学に敗退も東福岡の知名度を一気に上げた世代。福岡入団。現京都先端科学大サッカー部監督。

 

 

1978年生 40期 藤秀康

一個上、一個下の世代の実績と比べると、結果として谷間の世代か。DF古賀正紘もこの世代。

 

1979年生 41期 手島和希

f:id:sportsmeikan:20210318230259j:plain

後列右から3番目(背番号2)が手島。ワールドユースではフラットスリーの中央としてDFを牽引。高原、遠藤、本山、小笠原の顔も。写真:Web Sportiva

伝説の3冠制覇の主将。性格的に主将向きではない気がするが…。京都の主力DFとして長く活躍。現京都U-15監督。

 

 

1980年生 42期 金古聖司

f:id:sportsmeikan:20210318231016j:plain

世間を賑わせた本庄第一サッカー部の再生を託された金古。チームカラーも慣れ親しんだ赤へ変更するなど改革を進めている。写真:サッカーダイジェストWeb

2年時にはDFながら選手権得点王に。鹿島や海外の複数クラブで活躍し、現本庄第一高校サッカー部監督。

 

 

1981年生 43期 前田隆

福岡など複数のクラブへ渡り歩くも、自らの不祥事でチャンスを掴めず。

 

 

1982年生 44期 吉田匡良

奈良県出身の大型FWで高2でDFへ転向。年代別代表にも選ばれた実績を持つ。京都へ入団。

 

 

1983年生 45期 山形辰徳

f:id:sportsmeikan:20210318231752j:plain

スポンサーの"皇潤"。懐かしい…。写真:ゲキサカ

山形兄弟の弟でDF(兄はFW)。新潟など複数のクラブで活躍し、現東福岡高校サッカー部コーチ。

 

 

1984年生 46期 前川正行

選手権ベスト16。京都、愛媛と渡り歩くも大きな活躍はできず。

 

 

1985年生 47期 香川穀志

主将&10番。卒業後、アルゼンチンやウルグアイの各クラブへ渡ったチャレンジャー。東福岡発海外行きのパイオニアでは?

 

 

1986年生 48期 近藤徹志

f:id:sportsmeikan:20210318232000j:plain

浦和では出番はなかったが、岡山、愛媛では主力として活躍。写真:Jリーグ

浦和に入団も怪我や指揮官の信頼を獲得できず複数のクラブを渡り歩く。長友佑都と同級生。

 

 

1987年生 49期 畠中雅浩

主将&10番。選手権では直接FKを叩き込むなど活躍。福大-鹿児島を経て引退。

 

 

1988年生 50期 大迫慎乃介

九産大-三菱自動車販売でプレー。

 

 

1989年生 51期 串間雄峰

進学した福大でも副主将。ホンダロックSC入団後引退し、現在はホンダロックSC強化担当。

 

 

1990年生 52期 坂井達弥

f:id:sportsmeikan:20210318232355j:plain

2014年のキリンチャレンジカップ・ウルグアイ戦でA代表デビュー。定着には至らなかったが、サプライズ選出で話題に。写真:number

左利きの大型DF。鳥栖在籍時にアギーレ監督に見出されA代表デビュー。現プラーカーン(タイ)在籍。

 

 

1991年生 53期 興梠雄亮

関西学院-三菱東京UFJ関西-Liberty.FCでプレー。

 

 

1992年生 54期 佐々木陸

国士館で副主将を務めたのちオーストラリアでもプレー。現在は東京ユナイテッドFC。

 

 

1993年生 55期 岩田淳司

選手権出場ならず。近畿大へ進学。

 

 

1994年生 56期 徳市寛人

東洋大ではDFではなくMFへ転向し年間ベストイレブンにも輝く。その後オーストラリア3部でプレー。

 

 

1995年生 57期 阿部敬太

同級生に木戸(山形)、松田天馬(京都)、下級生には中島(岐阜)、増山(神戸)などの個性派をまとめた主将。東洋大進学。

 

 

1996年生 58期 中島賢星

f:id:sportsmeikan:20210318232856j:plain

選手権都立三鷹戦の中島。自らゴールも奪った。写真:サッカーダイジェスト

鳴り物入りで横浜へ入団も定位置を掴めず岐阜へ完全移籍。現在は岐阜の副主将として奮闘。

 

 

1997年生 59期 中村健人

f:id:sportsmeikan:20201205163620j:plain

選手権決勝のトリックFKは語り草。鹿児島入団後怪我で出遅れたが完治した今季は大きな期待が掛かる

主将&10番。最弱世代との評価をはねのけ17年振り選手権制覇。明治大を経て現鹿児島。チーム1位のユニフォーム売上。

 

 

1998年生 60期 児玉慎太郎

2年生に全国制覇、3年生時は主将として活躍。進学した同志社大でも主将のDF。今季からFCティアモ枚方へ入団。

https://pbs.twimg.com/media/Ewk0Gj8UcAIIGCn?format=jpg&name=small

写真は@hirakata_cityより

 

1999年生 61期 福田湧矢

f:id:sportsmeikan:20210618234743j:plain

2021シーズンから背番号14を背負いG大阪の中心選手へと成長。

主将&10番。G大阪入団の高体連出身者としては史上初のルーキーで開幕スタメンに抜擢。攻撃的選手だがDFとしても台頭。

 

 

2000年生 62期 中村拓也

冷静で展開力が持ち味のMF。大阪産業大進学も、現在はサッカー部HPに彼の名前はない…。

 

 

2001年生 63期 荒木遼太郎

f:id:sportsmeikan:20210318233726j:plain

今季から伝統の背番号13を背負いクラブの期待を一身に背負う。個人的には13番より先輩である本山雅志以来の背番号10を見てみたいところだが…。

鹿島ではルーキーながらコンスタントに試合に出場。2年目は伝統の13番を任され開幕から3戦連続ゴール。

 

 

2002年生 64期 上田瑞季

2年振りの選手権は矢板中央にPK負け。桐蔭横浜大学進学。

 

 

2003年生 65期 段上直樹

現在主将。2021年6月5日令和3年度福岡県高校サッカー大会(準決勝)飯塚高校に0-2で敗退