恐れるなかれ

野球、MLBを中心にスポーツ全般、あとは観光などの雑記ブログです。役に立たないかもしれないが、真面目に独自目線で記載していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

【MLB】WBC 2023年 アメリカ代表選手メンバー一覧 ラインナップ予想 大谷翔平とチームメイトのマイク・トラウトがアメリカ代表主将

各国の代表選手が世界一を目指す、第5回2023年WORLD BASEBALL CLASSIC™(ワールドベースボールクラシック)が2023年3月8日~3月21日で開催されます。

 

前回(第4回大会)の優勝国アメリカですが、前回大会以上のメンバーを揃えて連覇を狙っています。銀河系組軍団のアメリカ代表のメンバーを紹介していきます。

 

早速どうぞ。

 

 

▼予想ラインナップ

1・右 ムーキー・ベッツ(Mookie Betts)

MVP受賞経験者でゴールデングラブ賞やシルバースラッガー賞の常連。野球はもちろんのこと身長175cmながらバスケットでは軽々とダンクを決め、ボーリングでは300点を出すセンスの塊。ユニフォームの売上もMLBトップ。

所属球団:ドジャース

ポジション:外野手・二塁手

推定年俸:27億円

2018年レッドソックスで、2020年にはドジャースでワールドシリーズ制覇を経験した優勝請負人。現役の外野手では最高の一人と言われ、ドジャースとは12年3億6500万ドルの超大型契約を結ぶ。2023年の来季はその類まれなるセンスを活かし二塁手コンバートの噂。WBCでも正外野手として出場は間違いないところだが、内野も守れるベッツがいることで柔軟なオーダーが組めることもアメリカの強み。

 

2・中 マイク・トラウト(Mike Trout)

大谷翔平との同僚対決は実現するのか。

所属球団:エンゼルス

ポジション:中堅手

推定年俸:54億円

2019年から12年480億円の超大型契約を結び、MVP3回、シルバースラッガー賞8回など数々のタイトルを獲得しているMLB現役最高選手のトラウト。2022年シーズンは怪我で離脱しながらも終わってみれば、ジャッジに次ぐ40本塁打と活躍。
今大会ではアメリカ代表のキャプテンも務めるトラウトは、自ら参加選手をスカウトするなど並々ならぬ意気込みで頂点を狙う。

 

3・左 ブライス・ハーパー(Bryce Harper)

2010年ドラフト1位(全体1巡目)でナショナルズに入団後、2019年に当時のFAでの史上最高額となる13年3億3000万ドルでフィリーズと契約合意。アメリカ代表の顔の一人ではあるが、気性の荒さで幾度となく試合を壊してきた。国際大会特有のストライクゾーンの違いなどで退場にならなければ良いが…。

所属球団:フィリーズ

ポジション:左翼手

推定年俸:34億円

通算285本塁打、MVP2回、球宴出場7回のハーパーは、昨年の東京五輪前にも米国代表入りへの意思を明かすなど、「USA」のユニホームに強い思い入れを持つことで知られていた。
“選ばれし者”の異名をとる米球界屈指の怪物打者は、出塁能力・長打力ともに長け、トラウト同様毎年高いOPSを叩き出している。MVPだけでなく、ハンク・アーロン賞も2度獲得しているスーパースターは、WBCの舞台でもパワフルな打撃とアグレッシブなプレーを見せるはずだ。

 

4・DH ピート・アロンソ(Peter Alonso)

通算100号は347試合目で達成。この記録はMLB史上2番目に早い記録となった。

所属球団:メッツ

ポジション:一塁手

推定年俸:9.8億円

2019年MLBデビュー年に新人で53本を記録しホームラン王を獲得した球界屈指の飛ばし屋。コロナ短縮シーズンを除けば年平均40本塁打、100打点は毎年クリアしており、2022シーズンも131打点で打点王を獲得。オールスターホームランダービーを史上3人目の連覇を果たすなど大舞台にもめっぽう強い。DHか一塁手としての起用が濃厚。

 

5・三 ノーラン・アレナード(Nolan Arenado)

端整なルックスと攻守に華があるMLB屈指のスター選手。特にライン際の守備は一見の価値有。

所属球団:カージナルス

ポジション:三塁手

推定年俸:45億円

世界最高の三塁手のアレナド。広い守備範囲、驚愕の強肩、ベアハンドで三塁に打球が飛べば絶望とまで言われる守備で多くのファンを魅了。2013年のデビュー以降、2021年まで9年連続ゴールデングラブ賞受賞中で2022年シーズンも受賞となればイチロー以来の快挙。打撃面でも本塁打王3回、打点王2回、シルバースラッガー賞4回と攻守両面で異次元の活躍。ロッキーズファンはサードアレナド、ショートにストーリーという布陣を見たい方も多いのでは。

 

6・一 ポール・ゴールドシュミット(Paul Goldschmidt)

2022年のMVP有力候補のポール・ゴールドシュミット。恐らく最後の参加となるWBCでどんな活躍を見せるか。

所属球団:カージナルス

ポジション:一塁手

推定年俸:27億円

ホームラン王1回、打点王1回、シルバースラッガー賞4回、ゴールデングラブ賞4回受賞と衰え知らずの35歳のベテラン。2022シーズンは打撃タイトルこそないが、打率3位、ホームラン5位、打点2位と安定した成績を残す。2017年のWBCにも出場しておりアメリカ代表の精神的支柱。

 

7・二 トレバー・ストーリー(Trevor Story)

ロッキーズから6年総額167億円で移籍してきたストーリーだが、短縮シーズンを除けばOPSや本塁打などの数字はデビュー以降最低に終わった。WBCで巻き返しなるか。

所属球団:レッドソックス

ポジション:二塁手・遊撃手

推定年俸:31億円

29歳のストーリーは通算173本塁打を誇る右のスラッガー。ロッキーズでメジャーデビューした2016年から短縮シーズンだった2020年を除いて毎年シーズン20発以上をマークしている。2020年には盗塁王に輝き、2021年シーズンから6年総額1億4000万円(約191億円)の大型契約でレッドソックス入りした。二遊間にはティム・アンダーソンも控えており、正二塁手当確とは言えないが、ロッキーズ時代のアレナドとの三遊間コンビが復活なるかも注目。

 

8・捕 J.T.リアルミュート(Jacob Tyler Realmuto)

21年から5年総額約156億円で契約延長をした強肩強打の捕手。

所属球団:フィリーズ

ポジション:捕手

推定年俸:33億円

いわゆる守備専門の捕手ではなく、シルバースラッガー賞を2回受賞するなど、打てて走れる3拍子揃ったMLB屈指の捕手。守備面では捕球から二塁へ到達するまでの時間であるポップタイムの速度が非常に速く、2017年から3年連続で両リーグ最速を記録している。

 

9・遊 トレイ・ターナー(trea turner)

球界屈指のスピードスターで盗塁王を2度獲得。また2021年シーズンでは首位打者も獲得。守備でも本職は遊撃手でありながら、二塁や外野もできる超ハイスペックなマルチロール。

所属球団:ドジャース

ポジション:遊撃手・二塁手・中堅手

推定年俸:25億円

若くして将来を嘱望されるターナーは2014年ドラフト1巡目でナショナルズへ入団。2016年には新人王投票2位、2018年は初の盗塁王、2019年はワールドシリーズ制覇、2021年は初の首位打者と順調にスター街道を歩んでいる。遊撃手はターナーを軸に対戦相手やコンディションによって二塁手を務める可能性も。

 

内野手

ティム・アンダーソン(Timothy Anderson)

守備や選球眼に課題があるがスピードとアグレッシブな打撃はMLB屈指。

所属球団:ホワイトソックス

ポジション:遊撃手・二塁手

推定年俸:25億円

29歳のアンダーソンは2016年にメジャーデビュー。2019年に打率.335で首位打者を獲得し、今季まで4年連続3割を記録。オールスター戦には2021、22年と2年連続で選出されている。変化球打ちが得意だが、選球眼は悪い。

 

ボビー・ウィットJr(Bobby Witt Jr.)

5ツールプレイヤーの資質を持ち、将来像にトレバー・ストーリーを期待する声も多い。

所属球団:ロイヤルズ

ポジション:遊撃手

推定年俸:7,600万円

2019年のMLBドラフト1巡目(全体2位)で入団。若くしてロイヤルズの将来を託されたウィットJr。2022年にMLBデビューし、20本塁打、30盗塁を記録し、MLBにおいてルーキーで20-20を達成したのは史上13人目の快挙。

 

外野手

セドリック・マリンズ (Cedric Mullins)

果敢に次の塁う狙うため、ランナーに出れば非常に厄介なマリンズ。

所属球団:オリオールズ

ポジション:外野手

推定年俸:9,400万円

2018年にオリオールズでMLBデビューした俊足強打の外野手。2021シーズンにレギュラーに定着すると打率.291、30本塁打、30盗塁とブレイクし、シルバースラッガー賞を受賞した。2022年も盗塁王に1個差の34個とその韋駄天ぶりを発揮。173cmの体格はアメリカ代表参加選手で最も低い身長。

 

カイル・タッカー(Kyle Tucker)

その華麗なスウィングから、周囲からは畏怖も込めて「テッド・ウィリアムズ」と呼ばれているタッカー。25歳ながら既に常勝軍団アストロズの中心選手として活躍中。

所属球団:アストロズ

ポジション:外野手

推定年俸:1億円

2018年にMLBデビューしたタッカーは2021年に30本塁打、92打点と本格的にブレイク。2022年シーズンも堅実な守備に加え、30本塁打(11位)、107打点(3位)、25盗塁(5位)と走攻守に置いて高い成績を残す。ワールドシリーズでは2打席連続ホームランを放つなど大舞台にも滅法強い。

 

捕手

ウィル・スミス(William Smith)

常勝ドジャースの投手陣をリードする若き正捕手のスミス。

所属球団:ドジャース

ポジション:捕手

推定年俸:9,500万円

27歳のスミスは昨季25本塁打、今季24本塁打を放った現役屈指の攻撃型捕手。捕手ながら3番・4番を任されることも多い。守備面ではフレーミングも優秀で30球団1位(2022シーズン)の防御率を誇る投手陣をリード。WBC本戦では捕手の控えとなりそうだが、投手陣との相性なども考えるとすぐに出番がやってきそう。

 

 

投手(メンバー確定後追記)

デビン・ウィリアムズ(ブリュワーズ)

デビッド・ベッドナー(パイレーツ)

ディロン・テイト(オリオールズ)

メリル・ケリー(ダイヤモンドバックス)