恐れるなかれ

田舎へ移住した野球好きな男の体験記や好きなものを紹介する雑記ブログ

クリーブランド・インディアンス MLB2020戦力分析 ~ア・リーグ/中地区~

夏前の成績次第ではリンドーア放出話しが再燃か。まずはプレーオフ進出を狙うのが基本線。

昨季は200奪三振カルテットの先発陣を擁し期待の高いシーズンだったが、地区4連覇を逃しプレーオフ進出も果たせず。生え抜きスターのリンドーア流出を阻止するため夏のトレード時期前に上位争いに食い込みたい。

 f:id:sportsmeikan:20200605121102j:plain

 

f:id:sportsmeikan:20200608010134j:plain

昔のロゴが懐かしいなぁ。かっこ良い。

投手陣

まずエースのコーリー・クルーバーをレンジャーズへトレードで放出。
昨季13勝のマイク・クレビンジャーと昨季開花しサイ・ヤング賞投票4位のシェーン・ビーバーを中心にアーロン・シーバリ、ザック・プリーサックと昨季MLBデビューした二人がローテションを狙う。また白血病で3ヶ月離脱したカルロス・カラスコも先発復帰予定。クローザーには昨季途中から移籍し34S(2チーム合計)のブラッド・ハンドが控え投手陣は安定している。
それをリードするのが昨季正捕手となったロベルト・ペレス。ゴールドグラブ賞をいきなり獲得し今年も活躍が期待されています。
 

打撃陣

1番から生え抜きスターのフランシスコ・リンドーア、昨季MLBデビューのオスカー・メルカド、スイッチヒッターのカルロス・サンタナと続き、昨季不振に陥ったホゼ・ラミレスが4番。5番には昨季37本のフランミル・レイエスが入り上位陣は非常に安定。ただ、それに続く選手層が薄く不安が残る。

 

まずはプレーオフ進出を狙うのが基本線だが、それが非現実的になってくると昨季に続きリンドーア放出の話が出るだろう。

 

さらにバッドニュース。昨季クルーバとのトレードでやってきた、エマニュエル・クラッセですが関係者の中では知る人ぞ知る人物。平均99マイル(約159km)のカッターを武器に春先に100マイルを計測し首脳陣を喜ばせた。
それもつかの間、現地5月1日に禁止薬物使用で80試合の出場停止処分を受けたのだった。今季は開幕が遅れている上、80試合の出場停止となれば今季はまず無理でしょう…。

 

 戦力は整っているが不安定でチームの転換期であることに間違いのないインディアンス。リンドーア放出の話が出ないことを祈るばかり。

 

偏見だらけのイチオシ選手

カルロス・サンタナ

www.mlb.com

インディアンスと言えばリンドーアになりますが、今季はこの選手でしょう。
スイッチヒッターでプルヒッター。しかも両打席ともプルヒッター。こういう偏りのある選手に魅力を感じるのはなんでだ。
普通はどちらかの打席が引っ張り専門とかならよくある話だが、両打席ともの珍しいタイプ。プルヒッターはガンガン振ってきそうで四球は選ばないイメージだが、108個の四球を選び出塁率は.397!わけ分からん!